朗読コラム 朗読コラム

日本語は省エネだから…
投稿日2021.10.29
ブログ朗読コラム  

日本語は省エネでも発音できてしまう言語だと思います。

しかし、「ことば」としての並びとしてはあり得ない、例えば五十音表を音読すると、各々の「行(ぎょう)」によって、身体の機能の使いどころが異なり、本来は種々のエネルギーを駆使しないと調音できないのだということが良くわかります。

—————–+++——————

・カ行〜マ行

・ヤユヨ

・ラ行

・ワ

—————–+++——————

は各音が子音と母音(アイウエオ)とで成り立ちます。

(上記以外は母音のみ)

 

母音は、その字のとおり、すべての音の側にいつもそっと寄り添うようにあります。

ですから母音がはっきり言えないと、他の行(音)も自ずと曖昧になります。

母音は案外身体のエネルギーを使う発音です。

「アイウエオ」と発音してみてください。

みぞおちの辺りが響くのが分かるでしょう。

音声は、声帯が作っているのではありません。

もっと身体の下方から出現しているものなのです。

—————–+++——————

子音もそれぞれに特徴があり、呼気を溜め込んで破裂させる音は、唇や舌のしなやかな筋力が必要になります。

ナ行、マ行、鼻濁音などは、鼻、口両方の通気のバランスが求められます。

—————–+++——————

このようになことに着目せずに喉周辺でだけ声を作ろうとすると、いわゆる喉に力みが生じた「喉声」となります。

「喉声」は、聞き手に声の質を硬く感じさせます。

表現の幅、例えば音程や音量の機能がうまく使えません。

当然コミュニケーションの妨げになるでしょう。

また「喉声」で話す状態を長く続けていれば、そもそも発声時には負荷がかかっている声帯に、ますます負担がかかり、引いては喉を痛めてしまうでしょう。

—————–+++——————

日本人は喉声の人が多いような印象を受けます。

身体機能をふんだんに使わなくても、喉周辺だけでの発語が可能なためということと、そもそも日本人は小さな声で発することの方を美とする感性があるためではないかと思っています。

そのため、奥ゆかしくほんのわずかなエネルギーだけで声を出してしまうのです。

しかしその発声法は、長く見ると身体にたいへん悪い影響を及ぼすと考えてください。

発声は全身全霊を使うものです。

心が落ち込んでいれば溌剌とした声も出しづらいですね。

声は「氣」も使って出しているのですね。

身体では、特に下腹あたりから頭蓋骨までを感じて発声していただきたいです。

—————–+++——————

下の変則ア行を1秒で1行5回言ってみてください。

ただ、言うだけでなく、耳でよく聞き、本当に綺麗に歯切れ良く発音できているか確かめてください。

言えましたか???

本当?

—————–+++——————

ア エ イ ウ エ オ ア オ

ア エ イ ウ エ オ ア オ

ア エ イ ウ エ オ ア オ

ア エ イ ウ エ オ ア オ

ア エ イ ウ エ オ ア オ

—————–+++——————

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

新規に朗読レッスンお申し込みを検討の方へ

当方ではオンラインレッスンも行っておりますが、最初の数回はぜひ教室へおいでください。

その後は、教室とオンラインとを併用していただいて構いません。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

朗読レッスンについてお問合せくださいます方へ

・当方では「体験レッスン」は設けておりません。悪しからずご理解ください。

・現在、複数人数での活動やレッスンはすべて休止しております。

・個人レッスンのみ承っております。

・オンラインでのレッスンについてもご相談承ります。

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ