お知らせ・ブログ お知らせ・ブログ

悪書
投稿日2021.11.20
ブログおすすめの本  

どんな本でも読んだ方が良いのかと言えば、そうではありません。

「人心を惑わす」書はかなり世に存在しています。

啓発とかスピリチュアル関連の書にこうした物が多く潜んでいます。

 

他の多くの人が見えない何かが見えたり、感じられたり、社会の風潮に対し別の見方ができる人、誰かの身に異変がありそうなことをうっすら感じ取ることができる微弱な超能力を持った人は、私たちのごく身近にも案外たくさん存在していると思います。

けれども、その人たちは、黙っているでしょう。

そっと見守ってくれるでしょう。

自分の知り得たことを、会ってもいない人に書籍(遠隔)で伝授するなどという雑なやりかたで救済しようとはしないでしょう。

ましてや、その人たちは絶対にその能力で金品を得ようとはしないはずです。

その行いが感謝に背くことをよくご存知のはずです。

その人たちは、施すでしょう。

 

精神世界、啓発、スピリチュアル、占い…

それらは、行き詰まったときや、考え方をふんわり変換したいときに、楽しみながら手に取るのはいいでしょう。あくまで娯楽としてです。

 

でも、決して信奉してはなりません。

しょせん、私たちと同じ「過ちだらけの人間」の書いた(言った)ものです。

「悟ったつもり」でいる人にお金儲けをさせるのは、その人のためにもなりません。今すぐやめるべきです。

 

ただし、「自分」という「何か」をとことん見つめ抜いたり、万物の霊性に対し、ごく慎重に研究を重ね抜いて記された有難い書が存在することも確かです。

昨日今日「気づき」(こんな変な言葉は使いたくありませんが…)を得たような人の言うことを信じ切ってのめりこんだりせず、長年の真摯な取り組みで著された本と出逢ってもらいたいです。

少し近寄り難い論文調のものもありますが、随筆であったり、小説であったり、時に絵本の体をとっているものもあります。

知り得た人は総じてシャイなので「私は知っている」と大声では言いません。

むしろ

「まだまだ何も分からない、面目ない」

と、言うでしょう。

でも

「知ったことを自分だけで留めておくのはもったいない、皆さんにも少しだけヒントのお裾分けを」

との想いから、登場人物に大切なメッセージを含ませたセリフを言わせているかも知れません。

それは、民話かもしれません。

児童書かもしれません。

 

あなたが手に取った本が、あなたを育てるものでありますように。

 

信じること

知ること

違います。

 

自分の勇気を知ってください。

 

 

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ