朗読コラム 朗読コラム

責任感ある表現者へと成長しましょう
投稿日2021.12.29
ブログ朗読コラム生徒さんのエピソード  

中学生を対象に朗読を続けているYさん。

「『お義理で聴いてもらっている』ような自己満足のボランティアではいけない。あの人の朗読をまた是非聴きたいと思ってもらうようにならなければ……」

と、おっしゃいます。

こういう言葉を聞くと、たいへん嬉しくなり、指導にも熱が入ります。

 

「素人」だからそんなに上手くなくても仕方ない。甘えていい。善意が伝わればいい。できる時に楽しく無理なくやれればいい。

お金をもらっている訳ではないのだから…。

朗読・よみきかせボランティアを、そのように考えるのでしたら、私はその方とはあまり関わりたくありません。

強い言葉を使うようですが、私から指導を受けたいと思われる限り、その姿勢は許しません。

そんな生ぬるい考えは、一体どこから来るものなのでしょう。

そして、なんのためにそんなことをやっているのでしょう。

絶対に捨ててもらいたい考えです。

 

成長期にある将来のある子供たちに聴かせる「音」。

大人として責任重大で、無闇なことはできない、と考えるのがノーマルな感性かと私は思います。

 

自主トレを詰み、聴きやすい発声、確かな滑舌、豊かな表現力で届けるのが未来を背負う御子たちへの愛と礼儀というものです。

また、人生の大先輩に聴かせる場合も、同様のことながら、フリートークや雑談、佇まいにもお相手への敬意を携えて然るべきでしょう。

 

ましてや、どなたであってもその人たちの大切な時間を奪い、退屈な想いをさせるなどとは言語道断です。

 

「プロ(それでお金を稼いでいる)」並みのレベルやマインドを持っていながら、見返りを求めず無償で行うこと、それが真の「ボランティア精神」ではないでしょうか。

 

有償 = 責任を全うする

無償 = 責任はほどよく放棄してよい

 

では、断じてありません。

それは、本当に甘ったれた考えです。

 

集団で行う「発表会」を催すと、その人の責任感の所在や甘ったれレベルがわかります。

主催者の方向性や他の演者との兼ね合いを一切考えずに「自分の希望を通したい」「自分が輝きたい」一心の人には、私は厳しい態度で接してまいりました。

そのような人は、集団での発表会に出演する資質を養ってから、出直してもらいたい、と考えます。

 

自己満足は、自分だけでこっそり行ってもらいたいものです。

 

さて、今年もまた新規生徒さんがおいでくださり、新たな驚きや発見がありました。

当教室を選んでくださった方々、本当にありがとうございます。

また、世情やご家族、ご自身の身にも色々ご苦労があるなか、ずっとレッスンを受けてくださっている皆さん。

私の心が折れそうだったとき、どれだけ助けてもらったことでしょう。

いつも励ましてくださり、心から感謝申し上げます。

 

そして今年も、いつも教室でウロウロしているウチの保護犬・猫たちを可愛がってくださり、御礼申し上げます。

 

皆さまが温かく見守ってくださるおかげで、長く心を開けなかった子もだんだん明るくなっています。

来年もみなさまの温情を杖に、さらに精進する所存でございます。

心安らかな年末年始をお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

 

令和3年12月29日

朗読稽古屋ことつぎ

ウエムラアキコ

 

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ