朗読コラム 朗読コラム

投稿日2021.11.27
ブログ朗読コラム好きな詩  

教室ではじめてお越しくださった方に、必ず宿題にする一作品があります。

ある詩人(故人)の短い詩です。

読んで思ったことを自由にメモしてきてもらい、次回発表してもらっています。

教室がはじまった時からですから7年以上続けていることです。

 

今まで数百人の人に読んでもらい、数百通りの感想やイメージを語ってもらいました。

いくつか分類可能な傾向はあるものの、皆さんがそれぞれ全く異なった発想をされるので、それは伺うのが毎度楽しみなものです。

なかには、とてつもなく奇想天外な見方をする人もあります。

 

教室に来られる大半は、普段それほど本を読まないし、詩にも殆ど触れたことがないとおっしゃる人ばかりです。

でも、漏れなく皆さんがその一遍の詩を慈しみます。

その詩を通し、「詩ってこんなに素敵なんですね」

と多くの人がおっしゃいます。

 

それぞれが自分の愛し方で愛でてくださることを、故人も彼方できっと嬉しく思っていらっしゃるだろうなと感じています。

 

先日、その詩の作者を研究し書籍も多く刊行している、とある執筆者と会う機会がありました。

 

件の詩の冒頭と最後に繰り返される、美しく、そして少々不可解なフレーズについて、どのように思われますか、と問いました。

そのフレーズの繰り返しに着目して、まったく同じ感想をおっしゃった生徒さんがたった「二人」だけいらしたこと、それを付け加えました。

 

すると

 

「僕の本に書いてありますから、買って読んでください」

 

と一蹴。

 

それ以外にも、私とは見解が異なることを居丈高に言っていました。

 

ああ、

しんどい。

ものっっすごいお喋り。

持論の大展開。

 

私が長く親しみを持つ詩人を研究しているのが、そのような御仁とは。

 

 

あなたの研究してるんだって。そっちで苦笑いしてやしない?

(天国に問いかけてみた)

それから

ヤケ酒。

 

でも!

その人に会ったおかげで大きな得をしました。

 

偉ぶることなく、謙虚に、でも自由闊達に詩の感想を述べる皆さんがどれだけ素晴らしかということを、改めて思い返すことができたことです。

教室に来てくださる

文芸にはからきし疎いけれど、朗読を習得したいと願う

そのお一人お一人が実に尊い。

胸が熱くなりました。

その朴訥さは、人に不可欠です。

そして、朗読にも必要なことです。

分かった気になって

大上段から読む

ことではない。

 

朗読には名もない一人の飾らない優しさがあるといい。

 

大事なことをもう一度思い出すには、ジョーカーも必要ですね。

得心!

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

新規に朗読レッスンお申し込みを検討の方へ

当方ではオンラインレッスンも行っておりますが、最初の数回はぜひ教室へおいでください。

その後は、教室とオンラインとを併用していただいて構いません。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

朗読レッスンについてお問合せくださいます方へ

・当方では「体験レッスン」は設けておりません。悪しからずご理解ください。

・現在、複数人数での活動やレッスンはすべて休止しております。

・個人レッスンのみ承っております。

・オンラインでのレッスンについてもご相談承ります。

 

 

投稿日2021.11.7
ブログ好きな詩  

年をとると涙腺が弱くなる、と言うのは本当なのですか?

わたしは若い頃から涙もろかったので、急に泣くようになったのではないのですが、近頃は自分でも驚くようなことで、ううううっと目頭が熱くなってしまうのです。

 

急に涙腺が弱くなった、というより、

感涙する領域が変わったように思えます。

 

いちばん最近では、

動画サイトの投稿で、千昌夫さんと吉幾三さんが「与作」を唄っているのを観て

 

むせび泣いてしまいました!

千昌夫さんと吉幾三さん

ご両人とも大好きなのです♪

 

北島三郎さんが唄う「与作」がヒットしたのは1978(昭和53)年。

当時、私は中学に入るか入らないかの頃です。

正直申しますと、当時この曲のことは「ギャグ」のように感じていました。

(スミマセン)

 

ヘイヘイホー ヘイヘイホー

トントントン トントントン

 

の音が、どうにもくすぐったくなり、笑いを誘われてしまうのです。

(コロッケさんのモノマネも影響してますね)

 

当時の私には、この唄にある風情が、まったく見えていなかったのですね。

そして、この唄を聴いて魂をゆさぶられた人々の心も、少しも感じたり、近づこうとすることができなかったのです。

 

それから40年以上経ち、少しは共感できるようになったのでしょうか。

 

トントントン

 

なんと美しいことでしょう。

映像が眼前に広がります。

よくこんな詩を書いたなぁ…。

発想が素晴らしすぎて、絶句。

 

千昌夫さんと吉幾三さんは仲良しなのですね。

戯れながらちょっとふざけて唄っていました。

それなのに…

私は涙腺が決壊…。

 

 

ヘイヘイホー

トントントン

 

ここには、失われていく日本の1シーンがありました。

寂れた山郷

自然との共存

手仕事

仕事を分担する仲睦まじい夫婦

 

そして、改めて北島三郎さんの「与作」を拝聴しましたら…。

 

 

 

御伽噺を聴くような

絵巻物を覗くような

山水画に入り込んだよな

 

部屋にいながら、時空旅行ができました。

 

さぶちゃん

日本の宝です。

長生きして、ずっとずっと唄を届けてください。

 

「与作」

の詩、リンクを貼っておきます。

ぜひ、情景を思い浮かべながら朗読してみてほしいです。

 

歌詞のページ

Uta-Net

与作

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

新規に朗読レッスンお申し込みを検討の方へ

当方ではオンラインレッスンも行っておりますが、最初の数回はぜひ教室へおいでください。

その後は、教室とオンラインとを併用していただいて構いません。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

朗読レッスンについてお問合せくださいます方へ

・当方では「体験レッスン」は設けておりません。悪しからずご理解ください。

・現在、複数人数での活動やレッスンはすべて休止しております。

・個人レッスンのみ承っております。

・オンラインでのレッスンについてもご相談承ります。

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ