お知らせ・ブログ お知らせ・ブログ

投稿日2020.02.13
NHKドラマ10「この声をきみに」舞台「この声をきみに」  

舞台「この声をきみに」〜もう一つの物語〜

の、稽古が始まりました。

朗読シーンのご提案や、表現方法のアドバイスをさせていただいております。

2017年のドラマのクランクイン前には当教室に役者さんがレッスンにお見えくださいました。

そのときにも感じたこと、それは、役者さんはたいへん真摯だということ。

そして、絶えず探究心をお持ちだということ。

 

芝居の稽古場では、朗読シーンに対する質問の応酬が長く長く続きました。

https://twitter.com/konokoe_st/status/1226870782887772161?s=20

 

あるとき、教室の生徒さんとの雑談の中で

「素人とプロのいちばんの違いってなんでしょうねぇ?」

という、質問をされました。

 

私は、ふと考え

「誰かにちゃんと届けるのだという責任感が、はっきりしている、していない、の違いではないかと思います」

 

と、お答えしました。

 

役者さんたちは、初見の本読みでも、臆したりためらったりして他の方の足を引っ張ることのないよう、必ず事前準備をされています。

たとえ、多少の言い間違いがあったとしても、私たちがよくやってしまう、許しを乞うかのような照れ臭そうな表情なんて、決してしません。

 

大人になってから習い事をすると、

 

「私はプロではないんだから」

「プロを目指したいわけではない」

「才能がある人がプロになっている」

 

という言い訳で、自分を慰めながらお稽古しがちですが、でもそんな言い訳は、誰の為にもなっていません。

そう、それは、慰めているようで、実は自分自身のためにもならないのです。

 

才能があるか、ないかとは

「陰で努力する才能」

を持っているかいないか、の差でしょう。

 

でも、本来、努力自体は、誰にでもできるはずですよね。

するか、しないか、

だけです。

 

あ。

これ、↑

ぜーんぶ、私自身への戒めですよ。

 

昨夏から習い事をはじめました。

ところが、忙しさにかまけて、ちっとも自主トレできていません。

 

↑わたくし。五十の手習。

唄い方が楽しそうでいいわよ、、とは褒めてもらえるんですが…

たまに弾くくらいでは、ひどい音で鼓膜がどうかなりそうです。

 

 

 

役者の方々の真剣さを見て、また、反省しました。

 

朗読のご提案は、至って真面目に行っております!

皆さん、ぜひぜひお芝居観てくださいね。

 

◎大阪公演

3月6日(金)〜8日(日)

サンケイホールブリーゼ

 

東京公演

3月12日(木)〜22日(日)

◎俳優座劇場

 

 

 

投稿日2019.12.10
お知らせイベント・読み聞かせNHKドラマ10「この声をきみに」  

2017年9月より8回にわたり、竹野内豊さん主演のNHKドラマ10「この声をきみに」が放映されました。
朗読稽古屋ことつぎの教室のしつらえや実践しているレッスン方法は、ドラマのモデルのひとつとなりました。
また、私は朗読アドバイザーとして脚本に携わり、ドラマの中で読まれた朗読作品の多くを提案させて頂いたり、指導法や文芸作品の解釈などについて説明する協力をしてまいりました。
ドラマエンディングテロップには私の氏名が記されたことから、教室にも多くのお問い合わせを頂戴するようになり、現在にいたっております。

 

 

 

このたび、配役がすべて変わって、舞台化されることになりました。
脚本は、ドラマの際と同じく大森美香さんが書き下ろします。
私は朗読監修として、再びこのお仕事に関わることになりました。
教室にいらしている多くの方が、ドラマをご覧くださり、たいへん感動したとおっしゃってくださいました。
お芝居になることで、どのように変化するのか、私も今から楽しみです。
皆様もぜひ、ご期待ください。

 

https://www.konokoe-stage.com/

皆様にフライヤーをお送りしますので、どうぞご覧ください。
※お席のご予約は教室では受け付けておりません。
チケットセンター等で各自にてご購入くださいますようお願い致します。

投稿日2017.09.24
NHKドラマ10「この声をきみに」おすすめの本メディア  

「この声をきみに」第二話をご覧の方なら

 

「どうしてカタツムリに頼んだっ!?」

 

 

笑 笑

 

みんながそう思ったあの作品は

 

「おてがみ / 作 アーノルド・ローベル」

 

『がまくんとかえるくん』シリーズ

「ふたりはともだち」のなかの一作です。

 

シリーズは他に

 

「ふたりはいっしょ」

「ふたりはいつも」

「ふたりはきょうも」

 

があります。

 

大人が読んでも、しみじみします。

優しさってこういうさりげないものなんだな、とホロっときたりジーンときたり。

 

 

オトナのあなたにぜひ読んで頂きたいご本です。

 

 

 

 

 

投稿日2017.09.7
お知らせNHKドラマ10「この声をきみに」メディア  

(9月9日追記)

9月8日の秋田の地震では、まだ警戒が必要とのことですね。
地域の方に、お見舞い申し上げます。
ドラマの放送は(再放送ともに)一週繰り越されるそうです。
中断された一話も、再度冒頭より放送されます。

 

 

いよいよ明日から放送のNHKドラマ10『この声をきみに』

「朗読教室」が舞台の作品です。

大勢のプロフェッショナルな方達が一丸となって制作されている中、当教室も資料提供等のご協力で、ドラマに関わらせていただく機会に恵まれました。

 

 

先日、試写版を観せて頂きましたが、ほんっとうにステキな作品です!

ふだん、あまりテレビを観ないのですが、何年ぶりかで、テレビにかじりついてしまうこと間違い無し!

 

 

作品の制作統括である磯智明氏、演出家の笠浦友愛氏らが何度か当朗読教室にお越しくださいました。

レッスンの見学などをされ、生徒さんたちとも触れ合って頂きました。

 

また、初顔合わせで、錚々たる出演者の皆さんや、制作班の方達にお目にかかって、俳優さん達から優しく声をかけて頂いたことも、とても良い思い出です。

姿も声も美しく朗らかな女優さん達。お人柄も素晴らしいんですね。

皆さんとってもご親切にしてくださったので、感激ですよ〜〜!ホントに。

 

 

 

 

 

明日の第一話、ご家族揃って観てくださいね。

 

共感したり、ホロっとしたり、、、

この秋、オトナの胸を熱くさせる上質な一押しドラマです!

 

 

「この声をきみに」公式HP

http://www.nhk.or.jp/drama10/myvoice/

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

旧ブログページ「朗読稽古屋ことつぎのブログ」

投稿日2017.08.19
お知らせNHKドラマ10「この声をきみに」メディア  

9月8日(金)スタートの8回連続ドラマ

「この声をきみに」

に、朗読稽古屋ことつぎ がご協力いたしました。

 

朗読教室が舞台になっている素敵なラブストーリーです。

脚本は「あさが来た」で有名な大森美香さんによるものです。

主演は竹野内豊さん。

役どころは、偏屈な数学講師役だそうです。

 

もうこれだけで、じゅうぶん豪華過ぎますが、その上、多くの実力俳優さん達が顔を揃えます。

主題歌は、JUJUさん。ますますロマンチックになりそうな予感。

きっと、俳優さんたちの美声で読まれる朗読シーンもありそうですね。

私も今からとても楽しみです。

 

皆さん、どうぞ全回欠かさず、ご覧になってくださいね!!

 

 

● 9月8日(金)より NHK総合 毎週金曜よる10時(全8回)

 

 

ードラマ10ー 『この声をきみに』公式サイト  ↓

http://www.nhk.or.jp/drama10/myvoice/

 

 

NHK「ドラマ10」のページ

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/tag/index.html?i=01112

 

 

 

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

旧ブログページ「朗読稽古屋ことつぎのブログ」

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ