朗読コラム 朗読コラム

自分に限界を作ってしまわないで
投稿日2017.09.12
朗読コラム  

いつも私の拙い朗読コラムをお読みくださり、有難うございます。

 

 

これは、朗読稽古屋ことつぎでお配りしている教材の一部です。

 

画像クリックで拡大します

 

一つ一つのことばをおろそかにせず、イメージを大事にしながら声に出してみてください。

最初は、あまり深く考えず、まずは直感でやってみるのがいいでしょう。

 

直感的な「イメージ」には、多くの「先入観」が付きまといます。

「赤い」ひとつと取ってみても、ふと思い浮かぶのは

 

◎美しい薔薇の真紅

だと言う方があるでしょう。または、

◎生々しい流血

である方もいらっしゃるでしょう。

はたまた、

◎信号機の一色

だと思う方もあるかもしれません。

 

すると、それぞれ別の

「赤い」

に対する表現があってしかるべきでしょう。

 

また、

 

「明るい」

 

は、ポジティブなイメージが浮かぶのがごく自然ですが

もし、登場人物がひどくふさぎ込んでいる時なら、他人の明るさや、陽の明るさに、むしろ打ちのめされてしまうこともあるのではないでしょうか。

だとしたら、そ明るさ、登場人物にとって残酷でネガティブなものです。

前後の脈略によって、「明るい」のニュアンスも変わりますね。

 

同様に

 

「暗い」

も、画一的ではありません。

夜を待って、逢瀬をする恋い焦がれる同士のカップルには

暗さは色彩豊かなロマンスを演じることでしょう。

 

けれども、闇夜の何ひとつ見えない辻で、猛獣のうめき声が聞こえてきたら、それはどんな恐ろしさを秘めた暗さでしょう。

 

「暗い」にも多くのバリエーションがありそうですね。

 

 

ことばには「イメージ」があっても、そこに限界がありません。

だから、読み手もイメージに限界を作ってほしくないのです。

沢山の解釈をして、あれこれ試してみて、その上で、バランスや自分のやり方というものを確立させていってください。

 

「この話はこういう話」

「私はこういう風にしか読みたくない」

 

という決めつけや拒絶をするより、イメージという無限の宇宙の中を彷徨ったほうが私は楽しいと思います。

彷徨い、迷子になりながら、ふんわり着地してもらいたいな、と私は考えています。

 

 

よく教室で、こんな遊びをします。それは、

 

『真っ黒なものを思い浮かべながら「真っ赤」と声に出す』

 

なんていう他愛ないことなのですが(今すぐ試してみて?)

 

これ、なかなか深いのですよ。

何だか気持ちが入らず、うまく言えないんです。

嘘の自白をしているみたいな???

なんとも心もとない心境になるのです。

人は本来、偽りを発語しにくいものなのですね。

 

と、云うことは、

 

誠のことは言いやすい!

 

と考えることもできます。

 

 

昔から

 

「講釈師、見てきたような嘘をつき」

 

などと、言いますね。

 

場面を本当に見ているかのように、または、本当に作者や詩人の心の中に入ったように、まざまざと思い浮かべて声に出すと、きっとそれはリアリティを伴う言葉になるでしょう。

けれども、それは、どのように見ようと、見つめる者の自由なのです。

 

 

こんな夢を見た。
 腕組をして枕元にすわっていると、仰向あおむきに寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭りんかくやわらかな瓜実うりざねがおをその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、くちびるの色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。しかし女は静かな声で、もう死にますと判然はっきり云った。自分もたしかにこれは死ぬなと思った。    

夏目漱石「夢十夜」より「第一夜」冒頭

 

 

皆さんが思う「静かな声」とは、どの程度の音量でしょう。

長い髪とは、背中のあたりですか。腰のあたりですか。

 

 

皆さん、物語の中を歩き、自由に見つめて、、、、

見てきたような「本当」を吐く(つく)朗読師になってくださいね!

 

 

 

※このコラムは不定期に更新しています。

次回は

 

「朗読は門戸が広くて奥行きも広い」

を予定しています。

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

旧ブログページ「朗読稽古屋ことつぎのブログ」

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 朗読レッスン
  • アクセス 教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ