朗読コラム 朗読コラム

投稿日2017.01.31
朗読コラム  

作品中の会話文や、独白調の文章は、キャラクターごとに声を変えたほうが良いのでしょうか

という質問をよく受けます。

 

ー老人

ー子供

ー男女

ーたぬきさん、きつねさん、ねこさん、かめさん、かえるさん、ライオンさん、、、、、

 

もし、物語にこれだけのキャラがいっぺんに登場して、読み手一人ですべて声色を変えられたら、とても楽しいでしょうね。

ただ、これはできる方とそうでない方がいらっしゃるでしょうし、一般的には非常に難しいことです。

声を変えるには、まず音程(高低)を変化させる方法ありますが、私は音程を極端に変えることは必須ではないと思っており、まあ、少しはできたほうがいいかな、というくらいな考え方です。

ただし、声のモードを変えることは、非常に重要だと考えており、私自身、そのようにモードがカラフルな朗読が好きです。

 

ー言葉を発する際のスピードの緩急

ー声を張る、強める、弱める、震わせる、ささやく、つぶやく

ー申し訳なさそうに言う、思わせぶりに言う、嫌味に言う

ー笑顔で話す、口をとがらせる、泣き顔で話す

 

など、モードの変換法はさまざまですが、特別な鍛錬が必要なことは何もないはずです。

自分が普段使いしている生きた表現、或いは自分の中に隠れている心情をそのまま使えばいいだけです。

…、と言っても、大人になると、それがなかなか難しい訳なのですよね。

分かります!

 

「地の文」と「会話」で、声のモードをほんの少し変えることは、合図としても有効で、聴き手に安心を与えるでしょう。

単調な読み方は、時に作品とマッチしていい味を出すこともありますが、基本的には、聴く人に飽きを感じさせず、多種多様な様相をリアルに届けることが読み手の義務ではないかと私は感じます。

キャラクターは、上記で述べたざっくりとした種別だけでなく、

 

ー気が強い、弱い

ー至って健康、病気をしている

ー体格がいい、スマート、背が高い、小柄

ーお金持ちで位が高い、従順に仕えている

 

なども、細かに演じ分けたほうが、より会話中の言葉に意味を持たせ、物語の進行に聴き手の期待感を促すででしょう。

 

 

また、バックグラウンド以外にも、

怒りに震えている、ふくれっ面、悲しい、切ない、もどかしい、嬉しい、とてつもなくハッピー!

などは、感情による言い回しを意識しなければ、話自体に矛盾さえ生じてしまいます。

 

『……………と、悲しそうに言いました』

『ささやいてこう言いました』

 

 

 

という地の文が前後にあるのに、セリフがちっとも悲しそうな物言いでなかったり、ささやいているように聞こえない声であれば、やはり感じが出ませんね。

これでは聴く人もなんだか居心地が悪いでしょう。

 

朗読稽古屋ことつぎでは、ピアノを使って声の音程に対する意識を向けてもらったり、その場で簡易録音して聴き起こし、ご自身の声の音色を再認識してもらっています。

それぞれの方が、より魅力的な声で朗読ができるよう、ご指導をしております。

 

※このコラムは不定期に更新しています。(定期的になるよう努力中!!)

次回は

「色」「季節感」「明暗」などの表現について記す予定です。

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

投稿日2017.01.29
ブログ管理者メモ  

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

投稿日2017.01.16
ことつぎグループレッスン  

1月のグループレッスンの予約はまだ間に合います。

今年から始めてグループレッスンに加わる方が数名いらっしゃいます。

いつから始めても心配ありません。

どうぞ気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

☆お仕事帰りの社会人グループレッスン
19:30 〜 21:00 毎月第3金曜日
☆シニアの方(おおむね60歳以上)向けグループレッスン
14:00 〜 15:30 毎月第3水曜日
 

●現在、シニアグループレッスンは、「話し方教室」に変更になりました。

詳しくは下記をご覧ください。

クラス統合のお知らせ

 

費用などの詳細はこちらのページでご確認ください。
https://roudoku-kototsugi.com/lesson

お申し込み・お問い合わせは・・・

 

教室でんわ:03-6677-7944

 

携帯でんわ:080-5515-0565

 

メール

iikoe@roudoku-kototsugi.com

roudoku-espressivo311@ezweb.ne.jp

 

 

 

 

 

ワケイシヲリ個人のFacebookページには地元久が原の情報などもUPしています。

 

 

 

朗読稽古屋 ことつぎ の Facebookはこちら

 

投稿日2017.01.5
お知らせイベント・読み聞かせ  

あけましておめでとうございます。

本年もみなさまがご無事で過ごされますよう、心よりお祈り申し上げます。

朗読稽古屋ことつぎでは、本年もさまざまな企画に取り組む所存でございます。

朗読以外の他分野の講師をお招きして、表現や滑舌の幅を広げるためのスキルアップ講座を行ったり、また、演劇・芝居、舞踊などの鑑賞会ツアーなど、エンターテイメントの極意を楽しみながら身につける行事も、盛りだくさん準備中ですのでどうぞお楽しみに。

際しましてはまず第一弾

今春、久ヶ原在住の噺家 三遊亭全楽師匠に話芸のコツを学ぶ講座を開いていただく予定があります。(日程詳細は調整中)

また、講座に先立ちまして、全楽師匠の落語鑑賞ツアーを行います。

噺家の表情、台詞まわし、所作は、朗読を学ぶ方にぜひ体感していただきたい技法です。

 

ことつぎの生徒さん、或いは、今後のことつぎの活動に興味のある方のご参加をお待ちしております。

費用は、落語会場の入場料実費のみ各々ご負担願います。

 

ことつぎのメンバーとして、私と同行される方は、本投稿末尾に記した連絡先ワケイシヲリまでお問い合わせくださいませ。

 

ただし、観覧はどなたも自由にできます。

 

 

 


 

 

 

2017年1月8日(日)

三遊亭全楽独演会

会場:お江戸日本橋亭

開場13:00

開演13:30

入場料2000円(全席自由)

演目:文七元結 他一席

クリックで拡大できます

 

 

2017年2月17日(金)

三遊亭全楽独演会

会場:東京大神宮

開場16:30

開演17:00

入場料 予約2000円 当日2300円

演目:宿屋の仇討 他

 

クリックで拡大できます

 

 

 

 

お申し込み・お問い合わせは・・・

 

教室でんわ:03-6677-7944

 

携帯でんわ:080-5515-0565

 

メール

iikoe@roudoku-kototsugi.com

roudoku-espressivo311@ezweb.ne.jp

 

 

 

 

 

ワケイシヲリ個人のFacebookページには地元久が原の情報などもUPしています。

 

 

 

朗読稽古屋 ことつぎ の Facebookはこちら

 

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 朗読レッスン
  • アクセス 教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ