お知らせ・ブログ お知らせ・ブログ

投稿日2017.02.28
お知らせスケジュール  

いつも朗読稽古屋ことつぎのHPをご覧くださり、誠にありがとうございます。

レッスンの予約時にはレッスンスケジュールをご参照の上、希望日時をご連絡くださるとたいへんスムーズです。

グループレッスンや外部での講座のある時間帯は、恐れ入りますが、マンツーマンレッスンをお受けできません。

また、3月から、教室の外での特別講座が増えますので、下記も併せてお目通しください。

 

3月の予定(教室のマンツーマンレッスン以外)

 

 

  • 15日(水) 日中のグループレッスン

場所:教室 14:00から15:30(空席あり)

  • 17日(金) 夜のグループレッスン

場所:教室 19:30から21:00(空わずか)

☆ 詳細はこちらをクリック → グループレッスン

 

 

 

 

  • 25日(土) 三遊亭全楽師匠のおしゃべり爆笑講座 

場所:久ヶ原会館(一階小室) 14:00から16:30(要予約・空席あり)

☆ 詳細はこちらをクリック → 三遊亭全楽師匠のおしゃべり爆笑講座

 

 

 

  • 30日(木) いきいき笑顔 話し方教室

場所:久ヶ原会館(一階和室) 10:00から11:45(要予約・空席あり)

☆ 詳細はこちらをクリック → いきいき笑顔 話し方教室

 

 

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

 

 

投稿日2017.02.24
お知らせ出張レッスン・講座  

朗読教室には、さまざまな目的で皆さんが訪れてくださいます。

よみきかせボランティアをするため。

作品を読み深めたいため。

日本語を良く理解したいため。

絵本を声に出して、自分の心をリセットしたい、、、など、、、

また、音楽の趣味に役立てたい方や、ご自分で企画されるライブのための練習、声を使うお仕事に磨きをかけたいから、という理由で来られる方もいます。

 

特筆したいのは、美しい言葉を話したい、自分の話し方に自信を持つきっかけをつくりたい、という思いを持っておられる方が多くいらっしゃる、ということです。

朗読レッスンを通してコミュニケーション術をスキルアップさせたいと考える方の志の高さには頭が下がります。

 

長年地元以外でお仕事をしていたためにご近所づきあいをする機会がなかった方が、定年退職してご近所と良く顔を合わせるようになったが、どんなことを話して良いかわからない、というお悩みが多いと伺ったことがあります。

このたび、コミュニケーションの力をつけたい方のために、新規講座を開設しました。

 

 

場所:久が原会館

 

日程は会場の都合により、変更する場合がありますので、必ず事前にお確かめください。
◎第1回   3/30(木)10:00 〜11:45
◎第2回     4/20(木)10:00 〜11:45
◎第3回     5/18(木)10:00 〜11:45
◎第4回     6/29(木)10:00 〜11:45
◎第5回     7/20(木)10:00 〜11:45
◎第6回     8/31(木)10:00 〜11:45
◎第7回     9/21(木)10:00 〜11:45
◎第8回   10/19(木)10:00 〜11:45
◎第9回   11/30(木)10:00 〜11:45
◎第10回 12/21(木)10:00 〜11:45

 

 

※事前のお申し込みが必要です。

 

下記ご案内の画像をご覧の上、本HPお問い合わせフォームからお申し込み頂くか、電話、ファックスでご連絡お願いします。

 

 

 

話し方教室開講のお知らせ クリックで拡大
投稿日2017.02.22
朗読コラム  

「赤」「青」「白」

それぞれ聴いている人に色が見えてくるように言い分けてください。

そう申し上げたら、驚かれるでしょうか。ちょっと難しいように思うかもしれません。

でも、それは、難しいと思う心が困難にさせているだけで、本当はごく自然に出来てしまうことなのです。

声は嘘がつけません。

試しに、黒いものを見ながら「わあ、これ真っ白ね」と言ってみてください。

或いは、上を向いて「下」と言ってみてもいいです。

 

何だか嘘を言っている気になりませんか?どことなく気持ち悪くなるような。

出す声にも自信がなくなりますね。

どう表現してよいか分からずに音読していると、こうした「自信なげな声」になります。

嘘はついていないかもしれませんが、真実も言っていない訳ですね。

真に迫る表現がしたければ、その逆をすれば良いのです。

赤いものなら赤い色をリアルに思い浮かべます。

そして、思い浮かべたまま声に出すだけのことです。

「遠い山」であれば、距離や高さをうまく感じられれば、自ずと力強く「感じている声」になるというものです。

 

 

「寒さ」「暑さ」は、色のように脳裏に見る感覚とは違いますね。

今度は、「体感」や「体験」を思い出す感覚です。

寒い、暑いには、たいていちょっとした「苦」が伴うこともありますね。

物語の進行によっては、厳しい気候が登場人物を更に不幸や悲劇に導くこともしばしばあります。

そんなとき「サムイ」「アツイ」と事もなげにさらっと言ってしまったのでは、話の展開に何のエッセンスも混じり合いません。

寒くて心細かったこと、暑くてけだるかったこと、そんな気分の記憶を呼び起こして、登場人物のゆく末を共感しましょう。

 

「涼しい」「明るい」という概ねポジティブを感じさせる情景には、声ににこやかさが加わるといいですね。

では、反対語はそっくりそのまま正反対の表情を加えればいいかと言うと、そうとも言い切れません。

「暗い」「薄暗い」などという形容からは、ひっそりしたさまや、落ち着きのある静けさが感じ取れる反面、ときに不気味さや、並々ならぬ悲壮感など、背景に流れるストーリーによって、ムードを高度に読解する必要があり、一通りではない場合もあります。

たとえ迷ったとしても、落ち着いた気持ちで、何度も声に出して読むことで、字面だけでは気づかなかったことが見えてくるものです。

 

グループレッスンでは、他の方の読み方を聴くことにより、さまざまな解釈に出逢えるという利点があります。

初心者の方は、マンツーマンとグループレッスン、程よく使い分けてレッスンなさることをお勧めします。

 

 

 

仕事帰りのグループレッスン  カレンダー  クリックで拡大

 

日中のグループレッスン カレンダー  クリックで拡大

 

 

※このコラムは不定期に更新しています。

次回は

「声の出やすい体に整えてから発声する」ことの大切さに触れたいと思います。

 

 

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

投稿日2017.02.17
お知らせイベント・読み聞かせ  

春からの特別講座のお知らせ(その1)でお知らせ致しました通り、3月25日(土)は、地元の噺家さん・三遊亭全楽師匠をお迎えして、トーク形式の講座を開きます。

 

 

 

 

次回は、フリー・アナウンサー荒木智恵子先生の講座です。

詳細はこちらをご覧ください。

5月の講座案内です お得な連続受講特典を是非ご利用ください!

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

投稿日2017.02.14
ブログ管理者メモ  

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

1 2

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 朗読レッスン
  • アクセス 教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ