朗読コラム 朗読コラム

投稿日2021.12.29
ブログ朗読コラム生徒さんのエピソード  

中学生を対象に朗読を続けているYさん。

「『お義理で聴いてもらっている』ような自己満足のボランティアではいけない。あの人の朗読をまた是非聴きたいと思ってもらうようにならなければ……」

と、おっしゃいます。

こういう言葉を聞くと、たいへん嬉しくなり、指導にも熱が入ります。

 

「素人」だからそんなに上手くなくても仕方ない。甘えていい。善意が伝わればいい。できる時に楽しく無理なくやれればいい。

お金をもらっている訳ではないのだから…。

朗読・よみきかせボランティアを、そのように考えるのでしたら、私はその方とはあまり関わりたくありません。

強い言葉を使うようですが、私から指導を受けたいと思われる限り、その姿勢は許しません。

そんな生ぬるい考えは、一体どこから来るものなのでしょう。

そして、なんのためにそんなことをやっているのでしょう。

絶対に捨ててもらいたい考えです。

 

成長期にある将来のある子供たちに聴かせる「音」。

大人として責任重大で、無闇なことはできない、と考えるのがノーマルな感性かと私は思います。

 

自主トレを詰み、聴きやすい発声、確かな滑舌、豊かな表現力で届けるのが未来を背負う御子たちへの愛と礼儀というものです。

また、人生の大先輩に聴かせる場合も、同様のことながら、フリートークや雑談、佇まいにもお相手への敬意を携えて然るべきでしょう。

 

ましてや、どなたであってもその人たちの大切な時間を奪い、退屈な想いをさせるなどとは言語道断です。

 

「プロ(それでお金を稼いでいる)」並みのレベルやマインドを持っていながら、見返りを求めず無償で行うこと、それが真の「ボランティア精神」ではないでしょうか。

 

有償 = 責任を全うする

無償 = 責任はほどよく放棄してよい

 

では、断じてありません。

それは、本当に甘ったれた考えです。

 

集団で行う「発表会」を催すと、その人の責任感の所在や甘ったれレベルがわかります。

主催者の方向性や他の演者との兼ね合いを一切考えずに「自分の希望を通したい」「自分が輝きたい」一心の人には、私は厳しい態度で接してまいりました。

そのような人は、集団での発表会に出演する資質を養ってから、出直してもらいたい、と考えます。

 

自己満足は、自分だけでこっそり行ってもらいたいものです。

 

さて、今年もまた新規生徒さんがおいでくださり、新たな驚きや発見がありました。

当教室を選んでくださった方々、本当にありがとうございます。

また、世情やご家族、ご自身の身にも色々ご苦労があるなか、ずっとレッスンを受けてくださっている皆さん。

私の心が折れそうだったとき、どれだけ助けてもらったことでしょう。

いつも励ましてくださり、心から感謝申し上げます。

 

そして今年も、いつも教室でウロウロしているウチの保護犬・猫たちを可愛がってくださり、御礼申し上げます。

 

皆さまが温かく見守ってくださるおかげで、長く心を開けなかった子もだんだん明るくなっています。

来年もみなさまの温情を杖に、さらに精進する所存でございます。

心安らかな年末年始をお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

 

令和3年12月29日

朗読稽古屋ことつぎ

ウエムラアキコ

 

投稿日2021.12.22
ブログ  

令和3年12月18日

 

御父母の心中をおもうと

胸が張り裂けそうになります。

 

ご冥福をお祈りします。

心静かに過ごします。

投稿日2021.12.13
お知らせ  

自主トレ用の朗読教材やお知らせなど、本日発送しました。

今年さいごのお便りです。

 

あ〜〜

散らかった本の大掃除をしなければ………

ひどいことになっています…

 

本棚ほしいなあ。

 

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

新規に朗読レッスンお申し込みを検討の方へ

当方ではオンラインレッスンも行っておりますが、最初の数回はぜひ教室へおいでください。

その後は、教室とオンラインとを併用していただいて構いません。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

朗読レッスンについてお問合せくださいます方へ

・当方では「体験レッスン」は設けておりません。悪しからずご理解ください。

・現在、複数人数での活動やレッスンはすべて休止しております。

・個人レッスンのみ承っております。

・オンラインでのレッスンについてもご相談承ります。

 

投稿日2021.12.8
ブログ嗜み生徒さんのエピソード  

季節ごとや、折に触れ、お手紙をくださる生徒さんが数人いらっしゃいます。

しばらくレッスンをお休みしている方から、無沙汰を詫びるグリーティングカードも届きます。

また、お宅に伺ってもよろしいでしょうか、という連絡のあと、直接届けものを持って来られる方もいます。

 

その中には、根から筆まめな人もいれば、また、メールや無料インスタントメッセンジャーに何かしらの違和感を持っている人もおられます。

 

私も、このなんでもかんでもインスタントメッセンジャーでやりとりする文化に、到底ついていけていないうちの一人です。

 

もう十年以上も前だと思いますが、家の者がバイト先に欠勤のメールを送信しているのを知り、そんな失礼なことがまかり通るのかと聞いたら、皆が全員そうしているし、第一、相手にも早朝電話をするより迷惑がかからない、と言うのです。

 

一理ある気もしないではなかったですが、心底は納得できず家人とのメンタリティの差異に歯痒さが募るばかりでした。

 

仕事を休むときに、その電話連絡をするのが億劫で、なんとか我慢して出勤した昔を思うと、申し訳なさや決まり悪さはそう感じもせず休めてしまうのですから、何と楽なことでしょう。

 

電話口で上司から、困ったなーという表情の声が漏れた時のばつの悪さ。

でも、こういう面目なさを伴う手続きこそが、自分の精神を育んでくれたものです。

 

こんなことを言っていると、時代に取り残されるかもしれませんね。

 

でも、私は今も、きっとこれからも

「ここまではメールやメッセージソフトでもギリギリOK」

でも「ここから先はお手紙かお電話」

やはり、一番は「直接お目にかかって口頭でお伝えする」

という心のなかでの掟が必ずあり続けます。

パソコンやスマートフォンで作文した字面では、どうしても相手に伝わらない思いがあり、どうにもそうせずには気が済まないのです。

 

教室でも、webでのやりとりを活用してもらっています。

 

わたし一人で運営している教室ですから、お休みや遅刻の連絡のような急を要する件で、レッスン中に一回一回電話口に出たり、玄関先に呼ばれていたら講座が立ち行かなくなってしまうので、長年便利に使っています。

 

電話や訪問では、お相手もご厄介だろうとか、時間的な不便を感じたとき、利用するのがメールやメッセージでしょう。

 

大切なお礼やお詫び、また折り入ったお願いなどは、致し方なくwebを使う場合「略式」であることに断りを入れた上で

「お電話して差し支えない時間を教えてください」

「ご訪問して直接申し上げたいことがあるのですが、10分程度お時間を作っていただけますか」

などと申し出、それでもお相手が「できればメールかメッセージにしてほしい」とのことでしたら、はじめてそこでwebに甘んずるという順序が儀礼ではないでしょうか。

 

今では、お勤めされていない方であっても、いわゆるビジネスメールを誰もが作文できるようになりました。

見様見真似で普及してきた文言でしょう。

一見すると丁寧でマナーに配慮しているかのようですが、実は汎用で、どこにでもはらりと落ちているありきたりの軽い言葉たちです。

そのような文面からは、何の心も感じられません。

本当のところは、どう感じているのかも掴めない。

時折、慇懃無礼(表面だけ丁寧で、内心は見下していること)に捉えることもできそうな文にもでくわします。

 

ペンを持ち、ビジネス敬語や挨拶文に頼らない

「自分の言葉」

を、絞り出していただきたい。

不躾な大人がつくる日本の未来はどうなってしまうのか、一度立ち止まり、皆で考え、改めてもらいたいです。

楽に乗り切ることでなく、丁寧にやり遂げたあとに得るものの意味を感じてほしいのです。

朗読教室に通う人たちには

「ことば」を両手のひらに乗せて大切に相手に届け、相手がちゃんと受け取ったのを見てから、手を離してもらいたい、

と、心から願うのです。

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

新規に朗読レッスンお申し込みを検討の方へ

当方ではオンラインレッスンも行っておりますが、最初の数回はぜひ教室へおいでください。

その後は、教室とオンラインとを併用していただいて構いません。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

朗読レッスンについてお問合せくださいます方へ

・当方では「体験レッスン」は設けておりません。悪しからずご理解ください。

・現在、複数人数での活動やレッスンはすべて休止しております。

・個人レッスンのみ承っております。

・オンラインでのレッスンについてもご相談承ります。

 

投稿日2021.12.3
ブログ朗読コラム  

生徒さんからご相談を受ける中によく

「この作品は淡々と読んだ方がいいでしょうか」

と言うものがあります。

 

それぞれの人の「淡々と」は感じ方がまるで異なります。

私は「淡々と」とはその人自身の相対的なものだと考えます。

「淡々と」ではない表現ができてこそ初めて「淡々と」した読み方が生きてくるものです。

最初から「淡々と」読むことを目指すことは決してお勧めしません。

できれば、振り幅を大きく持っていただきたいです。

大袈裟に、時には泥くさいくらいに表情をつけて読む事ができれば、逆に自分の「淡々と」した読み方の温度や質感も決まってくるという訳です。

それができないうちに「淡々と」した朗読をすれば、それは無表情な「棒読み」になる可能性があり、聴く側からすれば、ちっとも好ましくありません。

 

しかしながら、

文中に現われる「手紙」「案内書き」「看板文字」などを、そうと感じさせるよう読む時。

これらは、あえて棒読みにしたら、面白くなることがあります。

癖でやってしまっているのか、意図的にやっているか、の違いです。

 

 

それとは反対に、聞き手にとって意味のない音調の高低をつけてしまう「癖読み」をする人も多くあります。

一番多いのが、助詞に重みがかかってしまう読み方や、独特な一定の節がつくような読み方です。

 
豊かな抑揚を持つ朗読を目指して一緒に精進してまいりましょう。

 

朗読稽古屋ことつぎでは、さまざまな朗読教材を用意してお待ちしております。

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

新規に朗読レッスンお申し込みを検討の方へ

当方ではオンラインレッスンも行っておりますが、最初の数回はぜひ教室へおいでください。

その後は、教室とオンラインとを併用していただいて構いません。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

朗読レッスンについてお問合せくださいます方へ

・当方では「体験レッスン」は設けておりません。悪しからずご理解ください。

・現在、複数人数での活動やレッスンはすべて休止しております。

・個人レッスンのみ承っております。

・オンラインでのレッスンについてもご相談承ります。

1 2

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ