お知らせ・ブログお知らせ・ブログ

投稿日2020.02.13
NHKドラマ10「この声をきみに」舞台「この声をきみに」  

舞台「この声をきみに」〜もう一つの物語〜

の、稽古が始まりました。

朗読シーンのご提案や、表現方法のアドバイスをさせていただいております。

2017年のドラマのクランクイン前には当教室に役者さんがレッスンにお見えくださいました。

そのときにも感じたこと、それは、役者さんはたいへん真摯だということ。

そして、絶えず探究心をお持ちだということ。

 

芝居の稽古場では、朗読シーンに対する質問の応酬が長く長く続きました。

https://twitter.com/konokoe_st/status/1226870782887772161?s=20

 

あるとき、教室の生徒さんとの雑談の中で

「素人とプロのいちばんの違いってなんでしょうねぇ?」

という、質問をされました。

 

私は、ふと考え

「誰かにちゃんと届けるのだという責任感が、はっきりしている、していない、の違いではないかと思います」

 

と、お答えしました。

 

役者さんたちは、初見の本読みでも、臆したりためらったりして他の方の足を引っ張ることのないよう、必ず事前準備をされています。

たとえ、多少の言い間違いがあったとしても、私たちがよくやってしまう、許しを乞うかのような照れ臭そうな表情なんて、決してしません。

 

大人になってから習い事をすると、

 

「私はプロではないんだから」

「プロを目指したいわけではない」

「才能がある人がプロになっている」

 

という言い訳で、自分を慰めながらお稽古しがちですが、でもそんな言い訳は、誰の為にもなっていません。

そう、それは、慰めているようで、実は自分自身のためにもならないのです。

 

才能があるか、ないかとは

「陰で努力する才能」

を持っているかいないか、の差でしょう。

 

でも、本来、努力自体は、誰にでもできるはずですよね。

するか、しないか、

だけです。

 

あ。

これ、↑

ぜーんぶ、私自身への戒めですよ。

 

昨夏から習い事をはじめました。

ところが、忙しさにかまけて、ちっとも自主トレできていません。

 

↑わたくし。五十の手習。

唄い方が楽しそうでいいわよ、、とは褒めてもらえるんですが…

たまに弾くくらいでは、ひどい音で鼓膜がどうかなりそうです。

 

 

 

役者の方々の真剣さを見て、また、反省しました。

 

朗読のご提案は、至って真面目に行っております!

皆さん、ぜひぜひお芝居観てくださいね。

 

◎大阪公演

3月6日(金)〜8日(日)

サンケイホールブリーゼ

 

東京公演

3月12日(木)〜22日(日)

◎俳優座劇場

 

 

 

投稿日2020.01.24
お知らせスケジュール  

朗読グループレッスンのスケジュールはこちらを参考になさってください。

予約状況表ではありません。

空きは、メールでお尋ねください。

 

画像クリックで拡大してください。

投稿日2020.01.24
イベント・読み聞かせイベント報告  

年に数回、教室でミニミニ発表会をしています。

テーマは私が決め、ご自身で本を選んで読んでいただきます。

練習なしでも結構です。

 

本日1月24日は、今年最初の交流発表会でした。

今日のテーマは、ふだんと少し趣を変え

「インタビュー記事・講演会・スピーチ・対談」

等の文字起こしを読んで、そのあらすじや読後感などを自由に語っていただきました。

さまざまなアプローチで、読書を愉しんでいただくことが目的です。

 

 

芸能人同士の対談、難病入院患者の親御さんのインタビュー、雑誌のインタビュー記事、作家同士の対談など、多岐に及びました。


 

文字で読むより、声で聴くと、より「人間」が感じ取れます。

 

 

 



対談は、上下を切ってうまく演じてくださいました。

 

 

私は、謹んで玉音放送の文字起こしを朗読いたしました。

私にとってもひとつのことをちゃんと調べてみるいい機会です。


さて〜!

発表後は〜!ティータイム♪

私の大好物「ガレット・デ・ロワ」

いつものように、生徒の青木さんが作ってくださいました。

私がこのお菓子を好きなのが通じたらしいです!

 

これね…

 

中から陶器製の「フェーヴ」が出てきた人が…

王になれるんです!

じゃ〜ん!

本日の王妃!

 

今日もとっても楽しゅうございましたし、ためになりましたし、何よりおいしゅうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日2020.01.21
お知らせイベント・読み聞かせ精進会  

教室や発表会でおなじみのToshimiさん。

朗読レッスンに、ことつぎのサポートに、と大活躍のToshimiさんですが、本職は絵本作家さんです!

 

これまでの絵本や、新作の「ちょっぴりはずかしがりやのハリネズミさん」も、教室で手にとっていただくことができます。

ことつぎで購入された方には、オリジナルカードがもれなくついています♪

 

↑新作はハリネズミさんが登場!

 

amazonでの購入はこちら↓

https://www.amazon.co.jp/Toshimi-%25E3%2581%25A8%25E3%2581%2597%25E3%2581%25BF/e/B073VJWHHF?ref=sr_ntt_srch_lnk_19&qid=1579611961&sr=8-19

 

今年最初の精進会は、Toshimiさんが指南役です!

 

 

優しいToshimiセンセイに、オリジナルポストカードをレクチャーしてもらいましょう。

年賀状を書きそびれたお相手に、手作りの心を込めた寒中見舞いをお送りすれば、好感度UPまちがいなし!!

 

 

 

 

画像クリックで拡大できます

投稿日2020.01.20
朗読コラム  

私は年末年始にバタバタしておりましたので、大寒に入りようよう新年らしい気分になりました。
今年は七草粥も食べ損ねましたし、何かにつけちっとも風情がありませんでした。
しかし最近ではフリーズドライが売っていますから、少々邪道かもしれませんが求めて今日食しました。

生徒さんに「春の七草」をそらで言えますか?と問うと、これが案外皆さん言えない。
「春の七草」は七五調になっているので、たいへん覚えやすい。
覚えていて損はないから、是非暗記してほしいです。
損どころか、毎年一月七日が近づくたびに声に出してみると、それだけで、どこか懐かしいような、甘く幸せな気分になれますよ。


ーーーーーーー
せり なずな
ごぎょう はこべら
ほとけのざ
すずな すずしろ
これや七草
ーーーーーーー

 

 


「これぞ」は「これや」とおっしゃる方もいてどちらでも結構かと思います。
古くは、七草は粥でなく羹(あつもの)=吸い物にして食したとのこと。
のちに「七草、なずな、唐土の鳥は〜」などと囃しながら包丁で調子良く菜を叩き切るようになったそうです。
私はこの囃子歌を知らなかったのですが、ご存知の生徒さんがいらして教室で歌ってもらうことができました。


「羹」といえば「羹に懲りてなますを吹く」といういろはかるたの文言を思い出します。
熱い吸い物で火傷して懲りて、冷たい料理にまでフーフーと息をふきかける(失敗して必要以上に用心深くなる)という意味のことわざです。
「あつもの」なんて言葉も、もうみんな知らないでしょうね。


物の名前をたくさん知っていると、目に浮かぶものが増えるのは楽しいです。
「七草」は忘れてなかったので安心しましたが「いろはかるた」48枚が今でも全部そらで言えるか、お粥ばっかり食べていないで、こっちの方もあとで脳トレしてみます。

 

1 2 3 4 5 6 30

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ