お知らせ・ブログお知らせ・ブログ

投稿日2020.01.20
朗読コラム  

私は年末年始にバタバタしておりましたので、大寒に入りようよう新年らしい気分になりました。
今年は七草粥も食べ損ねましたし、何かにつけちっとも風情がありませんでした。
しかし最近ではフリーズドライが売っていますから、少々邪道かもしれませんが求めて今日食しました。

生徒さんに「春の七草」をそらで言えますか?と問うと、これが案外皆さん言えない。
「春の七草」は七五調になっているので、たいへん覚えやすい。
覚えていて損はないから、是非暗記してほしいです。
損どころか、毎年一月七日が近づくたびに声に出してみると、それだけで、どこか懐かしいような、甘く幸せな気分になれますよ。


ーーーーーーー
せり なずな
ごぎょう はこべら
ほとけのざ
すずな すずしろ
これや七草
ーーーーーーー

 

 


「これぞ」は「これや」とおっしゃる方もいてどちらでも結構かと思います。
古くは、七草は粥でなく羹(あつもの)=吸い物にして食したとのこと。
のちに「七草、なずな、唐土の鳥は〜」などと囃しながら包丁で調子良く菜を叩き切るようになったそうです。
私はこの囃子歌を知らなかったのですが、ご存知の生徒さんがいらして教室で歌ってもらうことができました。


「羹」といえば「羹に懲りてなますを吹く」といういろはかるたの文言を思い出します。
熱い吸い物で火傷して懲りて、冷たい料理にまでフーフーと息をふきかける(失敗して必要以上に用心深くなる)という意味のことわざです。
「あつもの」なんて言葉も、もうみんな知らないでしょうね。


物の名前をたくさん知っていると、目に浮かぶものが増えるのは楽しいです。
「七草」は忘れてなかったので安心しましたが「いろはかるた」48枚が今でも全部そらで言えるか、お粥ばっかり食べていないで、こっちの方もあとで脳トレしてみます。

 

投稿日2020.01.17
お知らせイベント・読み聞かせ重要  
寒中お見舞い申し上げます
旧年中大変お世話になり心よりお礼申し上げます
暦では「小寒」ですが、じわじわ寒さも本格的になってまいりましたね。
お風邪など 召していませんか?
私はポンコツエンジンが、ようやく少しかかってきたところですが、まだまだボサッとしております。
この時期、七十二候では「雉始雊」(きじはじめてなく)
私の第二の故郷、秩父ではキジを見かけることや林の中から「ケーン・ケーン」という尖った鳴き声が聞こえるようになります。
本年も健やかにお過ごしくださいませ。
さて!!

教室主催の朗読発表会のフライヤーが完成いたしましたよ〜!
令和と元号が変わって初めて迎える一月。
干支は出発地点の「子」に還りました。
あらためて「日本に生まれた自分」としての生き方を再確認される方も多いのではないでしょうか。

第六回ことつぎ発表会は
「美し國 日本(うましくに にっぽん)」
と題しました。

「日本」を感じさせる作品で構成しております。
多くのみなさまに聴いて頂ければ幸いです。

 

観覧ご希望の方は、私までご連絡くださいませ。

 

 

ウエムラアキコ
080-5515-0565
iikoe@roudoku-kototsugi.com

 

 

投稿日2019.12.26
お知らせイベント・読み聞かせイベント報告  

12月19日は今年最後の朝学級課外授業で、生徒さん9名と共に勝海舟記念館に行って参りました。
最近、幕末がマイブームの私は、勝海舟は彼氏にしたいNo. 1の人です。
綺麗な設備内では、凝った映像を数編鑑賞することができ、300円でたいへん満喫出来ます。

 

 

 
記念館見学後は、洗足池公園で勝海舟夫妻の御墓参り。

 

終わりかけの紅葉も綺麗でした。

 

それから、いつも朗読ライブでお世話になっているポントハナで美味しいランチを頂きました。

 

 

↑勝様でございます。

 

 

とーーーっても楽しかったです〜♪

思い出がまたひとつ増えました。

投稿日2019.12.25
朗読コラムおすすめの本  

太宰治「メリイクリスマス」

https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/295_20170.html

 

文章を脳内で視覚化、聴覚化、嗅覚化できる方なら、この作品にたまらない魅力を感じるか思います。

灯、喧騒、裏通り、匂い…

切なく温かく身に迫ります。

 

皆さん良いクリスマスを。

 

 

 

投稿日2019.12.10
お知らせイベント・読み聞かせNHKドラマ10「この声をきみに」  

2017年9月より8回にわたり、竹野内豊さん主演のNHKドラマ10「この声をきみに」が放映されました。
朗読稽古屋ことつぎの教室のしつらえや実践しているレッスン方法は、ドラマのモデルのひとつとなりました。
また、私は朗読アドバイザーとして脚本に携わり、ドラマの中で読まれた朗読作品の多くを提案させて頂いたり、指導法や文芸作品の解釈などについて説明する協力をしてまいりました。
ドラマエンディングテロップには私の氏名が記されたことから、教室にも多くのお問い合わせを頂戴するようになり、現在にいたっております。

 

 

 

このたび、配役がすべて変わって、舞台化されることになりました。
脚本は、ドラマの際と同じく大森美香さんが書き下ろします。
私は朗読監修として、再びこのお仕事に関わることになりました。
教室にいらしている多くの方が、ドラマをご覧くださり、たいへん感動したとおっしゃってくださいました。
お芝居になることで、どのように変化するのか、私も今から楽しみです。
皆様もぜひ、ご期待ください。

 

https://www.konokoe-stage.com/

皆様にフライヤーをお送りしますので、どうぞご覧ください。
※お席のご予約は教室では受け付けておりません。
チケットセンター等で各自にてご購入くださいますようお願い致します。

1 2 3 4 5 6 29

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ