朗読コラム 朗読コラム

私の願いです
投稿日2019.08.2
朗読コラム重要レッスンのこと日々のこと  

「朗読者」としての心根を高めましょう

これは決まりごとや、規則ではありません。

ことつぎに関わるどなたの胸にも宿ってもらえたらという私からの願いです。

 

朗読者は

作者

聴く人

間に位置します。

どちらが欠けても存在できない役割です。

それを忘れて慢心した時、あなたは朗読者ではなく、ただの「お喋り」に成り果てるでしょう。

 

●アーティストではなく、「語り継ぐ人」になってください

武道館をいっぱいにできるわけでもない私たちは、仮に朗読に長年携わったとしても、いつも謙虚な姿勢でいましょう。

朗読は「あなた」のものではなく「聴く人」のものではないでしょうか。

あなたがどう演りたいか、より、聴く人はどうあってほしいのか、を追求し、そこに喜びを感じることのできる語り部であってほしいと願います。

 

●作者の好き嫌いを捨てる

どうも口に合わない、と感じる文章を書く著者もあるでしょう。

「間違った意見だ」と思うことを述べる作家もいるでしょう。

でも、その作者が存在する以上、必要とする人もいるのです。

食わず嫌いはせず、まずは声に出して読んでみてください。

あなたはなるべく、それがたとえ反対意見であっても、思いを寄せてみる習慣をつけてください。

好きでも、嫌いでも、読むあなたには何の損得もないはずです。

何かを決めるとしたら、それは、聴く人がすべきことではないでしょうか。

 

●講師の提案は、まずやってみてください

どなたに対しても、なお素敵にあれという眼差しを向けているつもりです。

アドバイスをまずは受け止めてください。

「苦手」「自信がない」「恥ずかしい」「難しい」「やったことがない」では思考停止。

実にもったいないことです。

心の体験をどんどん積むことは、自分さえ知らなかった自分に会うことです。

自分に限界を作ってしまわないでください。

 

●他の主催で行う各種サークル、朗読教室(講師)、朗読者の悪口を言わない

審美眼を持つことや、批評を悪とするわけではありません。

ただし、我々の愛する朗読が「競争」や「反目」を促す語り草になることは好ましくありません。

辛口トークも時にはOK。でも、噂話はほどほどに。

愛情を持ち、笑って終われる話にしましょう。

 

●それらは、没個性になることを意味するものではありません

沢山のことを感じ、知り、気の進まないことも体験し、その上で、自分が力強く目指す信念、こうあってはならない、という確固たる価値観を持つ人へと向かってください。

 

●なぜ、朗読者は、心根を高める必要があるのでしょう?

「正しく伝える」ことと同時に、聴く人にギフト(贈り物・天賦)を分かち合える人になってほしいからです。

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 朗読レッスン
  • アクセス 教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ