お知らせ・ブログお知らせ・ブログ

投稿日2017.04.2
おすすめの本  

私の好きな本

小林秀雄「作家の顔」(新潮文庫)

より、「中原中也の思い出」

 

汚れつちまつた悲しみに……

 

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

 

汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の革裘かはごろも
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる

 

汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
倦怠けだいのうちに死を夢む

 

汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気おぢけづき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

 

      
        (中原中也「山羊の歌」より)

 

「悲しみ」が「汚れる」?

 

汚れつちまつた悲しみに

 

若いうちは、言葉遊びのようにしか感じられなかったこのフレーズ、歳を重ねた今では、ひとたび口にすると、ダム決壊のスイッチが入るように泣けてしまいます。
詩人が吐いた言葉を言い換えるのは気が引けますが
「汚れる」とは、つまり「こじらせた」とでもいうことでしょうか。
悲しみは、等しく誰にも降りかかるが、運命には時折いたずらがあり、抜け出す契機が、誰にも等しく与えられているとは限りません。
中也のたった30年の生涯は、喜びを取り戻すには時間が少なすぎたようで、その晩年は、あまりにも寂しい。

 

小林秀雄は中也の死から約二ヶ月後に、詩「死んだ中原」の中で

 

君に取り返しのつかぬ事をして了つたあの日から
僕は君を慰める一切の言葉をうつちやつた

 

としている。

 

ともに天才である小林秀雄と中原中也の関係については、一般人によっても、あまりに様々な考察がなされているが、私はこれ以上彼らを詮索したくないような気がしており、ここでは省きたい。

 

鎌倉比企ヶ谷妙法寺境内に、海棠の名木があったーー

 

 

 

 

 

 

こう書き出される「中原中也の思い出」は、それから尚12年が経ってからの随筆である。
ここには「取り返しのつかぬ事」などという、懺悔や後悔の文言は使われておらぬが、だからこそ尚とでも言うのか、終始そこはかとなく小林の慚愧の念で覆われている。

若さには「誤ち」があり、その先には「罰」も「後悔」も「更生」ある。

 

 

 

そして、まだその先だって。

どれもこれも、生きていればこそだ。

 

 

 

 

中也がその先に何があるのかも知らずに、抱えきれない汚れた悲しみに翻弄されたまま、旅立ってしまったことが、私はどうしてもつらくてならない。

 

 

2017年4月1日 鎌倉散策「本妙寺」にて

投稿日2017.03.30
出張レッスン・講座日々のこと  

久が原五丁目の「ゆうゆうクラブ久が原」で半年間行った朗読教室は、ワンシーズンが終わりました。

 

たいへん出席率が良く、館長さんからも「このクラスはすごいなあ」とびっくりされました。

皆さん、声を出すのを楽しみにしてくださっていたようですね。

有り難いです。本当に良い思い出になりました。

 

 

最終回は、ちょっと切ない話を朗読してもらったため、涙を流す方もおいででしたが、最後は館長さんから全員に「修了証」が配られ、晴れやかなプチ卒業式となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に笑顔の絶えないクラスでした!

 

 

次回の日程はまだ詳細未定ですが、必ずまた行いますので、今回抽選に漏れた方も楽しみにしていてくださいね。

 

 

投稿日2017.03.29
お知らせ出張レッスン・講座  

3/31追記

ご注意:話し方教室は、おかげさまで応募者多数のため、和室から小ホールに変更いたしました。場所の久が原会館は変わりありません。お部屋は一階突き当たりです。

 

明日から月一回の木曜日、久が原会館の和室で、話し方教室を行います。

10畳ほどの小さな部屋で、和室ですが椅子に腰掛けます。

ただ今13名のご予約を頂いておりますが、あと少しは入れるかな?というところです。

もし、これ以上人数が多くなりそうでしたら、場所を大きいところに変えるつもりですので、募集はこのまま継続します。

サークルのような集まりですので、出欠席自由です。

 

明日の第一回目は

「話し上手は聞き上手!聞き上手になろう」

というテーマでディスカッション&ロープレをします。

今後、皆さんのニーズに合わせ、ビジネス電話応対ビジネス、メールの書き方、敬語・丁寧語・謙譲語などの練習をし、コミュニケーションに自信のない方にも、少しずつ慣れてもらいたいと思っています。

 

相手に届く声を出す訓練として、朗読体験も取り入れます。

 

 

 

 

投稿日2017.03.28
お知らせ出張レッスン・講座  

現在13名のご予約がありますが、もう若干名の参加可能です。
連続講座ですが、参加・お休み自由。
清算はその都度で、資料代として300円のみ申し受けます。
キャンセル料など、一切頂きません。

 

お問い合わせはワケイシヲリまで
080−5515−0565

 

●場所:久が原会館 和室
(椅子に座っての講座です)

 

 

 

朗読稽古屋ことつぎのそばです

 

 

久が原会館の外観

 

 

【2017年度 講座日程】

 

※時間は全回とも10:00~11:45

 

◎ 3月30日(木)    話し上手 は 聞き上手

◎ 4月20日(木)    自分の話し方のクセを知る

◎ 5月18日(木)    口のうまさより、こころの中身

◎ 6月29日(木)    話の筋を組み立てる

◎ 7月20日(木)    声の表情にバリエーションを持つ

◎ 8月31日(木)    好かれる話し方 嫌われる話題

◎ 9月21日(木)    簡潔に内容を伝える

◎10月19日(木)    大勢の前で話す(自己紹介・スピーチなど)

◎11日30日(木)    電話で話すときの思いやり

◎12月21日(木)    話にユーモアを添える

投稿日2017.03.27
イベント報告  

ことつぎ特別講座第一弾

3月25日の三遊亭全楽師匠による「爆笑講座」は、お陰さまで満席でございました。

 

一杯のお運び、誠に有難うございます!

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルレジュメに沿って、落語界の常識や寄席の概要をお話したあと、師匠のレクチャーで

◎出囃子に乗って登場→扇子を置いておじぎ→座布団を裏返して退場。

◎上手(かみて)「こんちはー」→下手(しもて)「やー 八っつあん、どうしたんだい」

◎お酒の呑み方

◎小噺

の実演を受講者さまにして頂き、会場大いに盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お楽しみの落語は重厚な

「紺屋高尾(こうやたかお)」


楽しかった〜!

落語が素晴らしかった!

というお声をたくさん頂きました。

ご来場の皆様に 心より感謝申し上げます。

第二弾も頑張って企画中!

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

 

 

 

 

 

1 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 朗読レッスン
  • アクセス 教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ