お知らせ・ブログお知らせ・ブログ

投稿日2017.09.12
朗読コラム  

いつも私の拙い朗読コラムをお読みくださり、有難うございます。

 

 

これは、朗読稽古屋ことつぎでお配りしている教材の一部です。

 

画像クリックで拡大します

 

一つ一つのことばをおろそかにせず、イメージを大事にしながら声に出してみてください。

最初は、あまり深く考えず、まずは直感でやってみるのがいいでしょう。

 

直感的な「イメージ」には、多くの「先入観」が付きまといます。

「赤い」ひとつと取ってみても、ふと思い浮かぶのは

 

◎美しい薔薇の真紅

だと言う方があるでしょう。または、

◎生々しい流血

である方もいらっしゃるでしょう。

はたまた、

◎信号機の一色

だと思う方もあるかもしれません。

 

すると、それぞれ別の

「赤い」

に対する表現があってしかるべきでしょう。

 

また、

 

「明るい」

 

は、ポジティブなイメージが浮かぶのがごく自然ですが

もし、登場人物がひどくふさぎ込んでいる時なら、他人の明るさや、陽の明るさに、むしろ打ちのめされてしまうこともあるのではないでしょうか。

だとしたら、そ明るさ、登場人物にとって残酷でネガティブなものです。

前後の脈略によって、「明るい」のニュアンスも変わりますね。

 

同様に

 

「暗い」

も、画一的ではありません。

夜を待って、逢瀬をする恋い焦がれる同士のカップルには

暗さは色彩豊かなロマンスを演じることでしょう。

 

けれども、闇夜の何ひとつ見えない辻で、猛獣のうめき声が聞こえてきたら、それはどんな恐ろしさを秘めた暗さでしょう。

 

「暗い」にも多くのバリエーションがありそうですね。

 

 

ことばには「イメージ」があっても、そこに限界がありません。

だから、読み手もイメージに限界を作ってほしくないのです。

沢山の解釈をして、あれこれ試してみて、その上で、バランスや自分のやり方というものを確立させていってください。

 

「この話はこういう話」

「私はこういう風にしか読みたくない」

 

という決めつけや拒絶をするより、イメージという無限の宇宙の中を彷徨ったほうが私は楽しいと思います。

彷徨い、迷子になりながら、ふんわり着地してもらいたいな、と私は考えています。

 

 

よく教室で、こんな遊びをします。それは、

 

『真っ黒なものを思い浮かべながら「真っ赤」と声に出す』

 

なんていう他愛ないことなのですが(今すぐ試してみて?)

 

これ、なかなか深いのですよ。

何だか気持ちが入らず、うまく言えないんです。

嘘の自白をしているみたいな???

なんとも心もとない心境になるのです。

人は本来、偽りを発語しにくいものなのですね。

 

と、云うことは、

 

誠のことは言いやすい!

 

と考えることもできます。

 

 

昔から

 

「講釈師、見てきたような嘘をつき」

 

などと、言いますね。

 

場面を本当に見ているかのように、または、本当に作者や詩人の心の中に入ったように、まざまざと思い浮かべて声に出すと、きっとそれはリアリティを伴う言葉になるでしょう。

けれども、それは、どのように見ようと、見つめる者の自由なのです。

 

 

こんな夢を見た。
 腕組をして枕元にすわっていると、仰向あおむきに寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭りんかくやわらかな瓜実うりざねがおをその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、くちびるの色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。しかし女は静かな声で、もう死にますと判然はっきり云った。自分もたしかにこれは死ぬなと思った。    

夏目漱石「夢十夜」より「第一夜」冒頭

 

 

皆さんが思う「静かな声」とは、どの程度の音量でしょう。

長い髪とは、背中のあたりですか。腰のあたりですか。

 

 

皆さん、物語の中を歩き、自由に見つめて、、、、

見てきたような「本当」を吐く(つく)朗読師になってくださいね!

 

 

 

※このコラムは不定期に更新しています。

次回は

 

「朗読は門戸が広くて奥行きも広い」

を予定しています。

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

旧ブログページ「朗読稽古屋ことつぎのブログ」

投稿日2017.09.7
お知らせNHKドラマ10「この声をきみに」メディア  

(9月9日追記)

9月8日の秋田の地震では、まだ警戒が必要とのことですね。
地域の方に、お見舞い申し上げます。
ドラマの放送は(再放送ともに)一週繰り越されるそうです。
中断された一話も、再度冒頭より放送されます。

 

 

いよいよ明日から放送のNHKドラマ10『この声をきみに』

「朗読教室」が舞台の作品です。

大勢のプロフェッショナルな方達が一丸となって制作されている中、当教室も資料提供等のご協力で、ドラマに関わらせていただく機会に恵まれました。

 

 

先日、試写版を観せて頂きましたが、ほんっとうにステキな作品です!

ふだん、あまりテレビを観ないのですが、何年ぶりかで、テレビにかじりついてしまうこと間違い無し!

 

 

作品の制作統括である磯智明氏、演出家の笠浦友愛氏らが何度か当朗読教室にお越しくださいました。

レッスンの見学などをされ、生徒さんたちとも触れ合って頂きました。

 

また、初顔合わせで、錚々たる出演者の皆さんや、制作班の方達にお目にかかって、俳優さん達から優しく声をかけて頂いたことも、とても良い思い出です。

姿も声も美しく朗らかな女優さん達。お人柄も素晴らしいんですね。

皆さんとってもご親切にしてくださったので、感激ですよ〜〜!ホントに。

 

 

 

 

 

明日の第一話、ご家族揃って観てくださいね。

 

共感したり、ホロっとしたり、、、

この秋、オトナの胸を熱くさせる上質な一押しドラマです!

 

 

「この声をきみに」公式HP

http://www.nhk.or.jp/drama10/myvoice/

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

旧ブログページ「朗読稽古屋ことつぎのブログ」

投稿日2017.09.6
朗読コラム  

地の文(会話以外の説明や叙述)と、登場人物や動物の科白。

 

交互であったり、多種多様な登場キャラがあったりすると、読書をしていて、筋についていくのがはかどらず、苦労することがありますね。

ただ、自分のペースで読む『黙読』であれば、文章を行きつ戻りつして、何度でも読み返すことができるので、いずれ解決も可能です。

 

 

ところが、朗読の聞き手の場合、そうは行きません。

 

地語り→キャラA科白→キャラB科白→地語り

 

のような場面で、読み手がずっと同じ調子だったら、聞き手はかなり混乱しますね。

そして、一度混乱してしまったら、あっと言う間に物語の世界から放り出されてしまいます。

 

 

皆さんは気をつけて朗読していますか?
また、解決する方法を、思いつきますか?

 

 

声だけの一人語りの話芸、という点で一致する『落語』では、女房、棟梁、子供など、一人で何人も演じ分けていますが、案外、声色はあまり変えていません。

(個人差はあります)

 

落語には、「上下をふる(かみしもをふる)=左右を見て向かい合っているかのように会話をする」という芸当があります。

書籍に目を落として読み進める朗読とは、そこが大きく異なりますが、それでもしかし、落語は目で見ず録音だけを聴いている時でも、しっかり話を把握できるように仕込まれています。

 

すると、聞き手の混乱を防ぐための術は、「上下をふる」以外にも方法がありそうですよね???

 

私が思うに、噺家さんは、「性格」を設定して声の出し方のムードを変えているのです。

 

口を尖らせている、甘えん坊の男の子

亭主のだらしなさに、やきもきする気の強い奥さん

腕っ節が良くて、度量のある棟梁

 

などなど、それぞれに、性格を吹き込み、その人のムードが醸し出される喋り方の速度、声の大きさ、語尾のディテール、などを施しているのですね。

 

声の出し方を変える、と言うのは、作った声色を出す、無理に自身とは異性の声(女が男声、男が女声)を出す、ということだけでもないのだと気付かされます。

 

作品中、さまざまなキャラが登場することで、話に奥行きがつくられます。

 

清楚な人

あわてんぼうな人

ひねくれた人

おおらかな人

ギスギスした人

ずるい人

 

、、、、、、などなど、奥行きを更に広げるため、キャラクターの持ち味をうまく突き止めましょう。

そうすれば、自然にその性質を加味したムードで読みたくなるのではないでしょうか。

 

物語には性格の無いキャラクターは一人(一頭)も登場しませんから、よく読み込めば必ず突き止めることができるはずです。

 

「性格」と「性格」

が織りなすのが

「会話」

とも言えるし、

「性格」と「環境(地)」

「物語」

織りなしていくのではないでしょうか。

 

性格の見えて来る「会話」

コレ、大事です!

 

 

大事にする。

それには、作品を深く読み込むということが、なにより重要ですね。

 

より深く物語性を掘り下げる

 

朗読する方には、必ずこの癖をまず最初につけて頂きたいと思うのです。

技術はそこから先のステップです。

 

 

練習してみてください↓(自由にプリントしてください)

●銀河鉄道の夜(宮沢賢治)より

「地の文」「母親」「ジョバンニ」の読み分け

あなたは、この二人をどのような性格と設定しつつ読むのでしょうか??

キャラ作り、楽しんでください!

 

 

 

 

 

 

 

※このコラムは不定期に更新しています。

次回予告

 

「自分に限界を作ってしまわないで」

を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

旧ブログページ「朗読稽古屋ことつぎのブログ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日2017.09.4
朗読ボランティア  

 

 

 

先日、埼玉県の秩父市内にあるデイサービスの施設で

朗読ボランティア

をさせて頂く機会を得ました。

 

 

スタッフさんも、利用者さんも、お一方をのぞいては、すべて初めて会う方々でした。

 

 

当日、私がしたことは、キーボードをお借りして、唱歌を歌ったり、歌詞をみんなで大きな声で読み上げたり。

 

たったそれだけです。

 

 

それなのに、皆さんとは旧知の仲みたいに急に仲良くなれるんです!

 

 

「もう一曲!」

「もう一曲!」

 

と、アンコールを頂き、最後は

「もう帰っちゃうの〜?」

「また来てね!」

と、まるで親戚づきあい。

 

 

私も、こう見えて(どう見えてるかな?)人見知りなんです。

それは以前からできるだけ隠そうとしていましたが、本当は初対面ではとっても緊張していました。

 

けれども、朗読を初めてから、いつも思うのです。

「みんなで一緒に声を出すと、すぐに親しくなれる」

って。

 

人生の先輩に読んでもらうと、ジーーーーンときてしまいます。とっても素敵な朗読でした!

 

 

「私は立った方がちゃんと声が出るの!」とおっしゃり、起立なさっての発声。いいお声でした!

 

 

思い出深い懐メロや唱歌は、ますます心をひとつにしますね

 

 

朗読教室主催の発表会で、ペアになって朗読をすることがあります。

発表前は、なんどもなんども合わせ稽古をするわけです。

すると、赤の他人だったはずのその方たち同士が、やがてプライベートでも連絡し合うようなお友達になっています。

 

これも

「一緒に声を出すと親しくなる」効果ですね。

 

 

私には

「一緒に声を出せば大丈夫!」

という力強いお守りが出来たので、いつしかもう初対面の方との距離だって、ちっとも怖くなったのです。

 

 

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

旧ブログページ「朗読稽古屋ことつぎのブログ」

 

投稿日2017.09.3
出張レッスン・講座  

みなさんお元気ですか?

 

9月に入るのと同時に、何となく秋の気配が漂いましたね。

今度は長雨の季節かしら。

 

どうぞ御身体を大切になさってください。

 

8月31日は夏季休業から開けて、はじめての「話し方教室」でした。

皆さんが元気なお姿を見せてくださって、本当に嬉しかったです!

 

この話し方教室は、参加される方の意識が高いので、「学ぶ」と言うより「より向上する」という趣の方が強いのです。

 

もともと日頃から「話す」ことに気を配っていたり、時に、身近に反面教師がいらしたり、、とおっしゃる方々ですので

 

「もっとこうしたら良くなると思う!」

「こういうのはダメだと思う!」

 

という積極的な意見交換をすることが多く、私も聞いていて勉強になることばかりです。

 

皆さん、会話でお困りなこともあるとは言え、意識の高い方達です

 

 

講座の初期の頃、私は皆さんに

「すいません」

は今日から少し減らして、

「恐れ入ります」

を、会話に取り入れてみてください。

と、提案したことがあります。

 

最初は皆さんが

「そんな丁寧な言葉、どこで使ったらいいかしら」

「ちょっと照れくさいわ」

とおっしゃっていました。

 

ところが、この頃では、

「『恐れ入ります、そこをちょっと通してくださいませんか』と言ったら、見知らぬ人からとても褒められたんです」

「口に出してみたら、いつしか抵抗が無くなりました」

 

と、言ってくださる方もあります。

 

いつも、あまりに何気なく使っている言い回し。

たくさんありますね。

本当に心がこもっていないと、ただの口先からだけになってしまい、もっとひどくなると、どんな言葉を交わす時でも、心がどこにも伴わなくなってしまいます。

 

言葉のひとつひとつに、丁寧な思いを馳せる。

そんな生活習慣を身に付けたいですね。

 

 

講座は残すところ、あと4回になってしまいました。

それを思うと、何だか寂しいな。

 

 

お一方ずつ、体験談を伺うことが多いです

 

 

教室でのマンツーマン「話し方教室」は、いつからでも始められます。

詳しくは

 

朗読レッスンのページ ←クリック

 

をご覧ください。

 

 

 

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング

 

旧ブログページ「朗読稽古屋ことつぎのブログ」

1 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 39

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ