お知らせ・ブログお知らせ・ブログ

投稿日2020.03.4
お知らせスケジュールイベント・読み聞かせ重要ランプ座(自粛)新型コロナウィルス感染拡大防止  

生徒さま

朗読会お客様

関係者さま

 

平素より皆さまには、当教室へのご理解ご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。

お風邪や、花粉症、冬の疲れなど、体調の変化が起こりやすい時期かと思います。

先般より発生しておりますコロナウィルスの拡大防止のため、手前どもでは企画しておりました数種の催しについて、随時延期の措置を取らせて頂く次第でございます。

現在、延期が確定いたしましたものについては以下のとおりでございます。

 

ーーーーーーーーーー

◎2020年4月18日(土)

朗読会「美し國 日本」

場所:糀ホール

ーーーーーーーーーー

◎2020年6月20日(土)

三人会

場所:小黒恵子童謡記念館

ーーーーーーーーーー

延期後の開催時期につきましては、現段階では未定でございます。

決定次第お報せいたします。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・既に料金をお支払いの方

・当日払い含め、観覧チケットをお持ちの方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

お買い上げのチケット及び、当日払いチケットは、そのままお使いいただけます。

大切にお持ちくださいますようお願いいたします。

また、払い戻しにも対応いたします。

日程変更後、改めましてお手紙をお送りいたします。

ーーーーーーーーーー

今後、世情に照らした判断を行い、皆さまに速やかに変更事項をお伝えいたします。

観覧のため、日程を確保してくださいましたのに、たいへん心苦しく存じます。

どうぞお許しくださいませ。

今後とも何卒お引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

まずは略式のご報告のみ ご免ください。

 

朗読稽古屋ことつぎ

ウエムラアキコ

 

 

投稿日2020.03.3
お知らせスケジュール重要秩父での活動(自粛)新型コロナウィルス感染拡大防止  
生徒さま各位
ーーーーーーーーーー
「朗読稽古屋ことつぎ」より
【大切なお知らせ】
ーーーーーーーーーー
コロナウイルス感染予防対策につきまして
ーーーーーーーーーー
いつもご愛顧くださり、ありがとうございます。
お変わりなくお過ごしでしょうか。
先般より広まっているコロナウィルス感染症予防に関する教室の方針をご説明いたします。
ーーーーーーーーーー
●個人レッスンは3月15日までをめどに休止いたします。
 15日までに予約されている方は申し訳ございませんが、お休みください。
 振替につきましては追ってご連絡します。
●グループレッスンは、3月中すべてお休みいたします。
 4月以降につきましては、情勢を確認しながら決定します。
●各種会(えほんの会、素ばなしの会、読書会、文章研究会、古典文学勉強会)は
 3月はお休みいたします。
 4月以降につきましては、情勢を確認しながら決定します。
●当面、個人レッスンの予約受付を停止いたします。
●朗読会「美し國日本」は延期いたします。
ーーーーーーーーーー
【朗読会の参加者・観覧予約、チケット購入をしてくださった方】
詳細は別途ご連絡いたします。
ーーーーーーーーーー
レッスンを楽しみになさっている方、また日程を確保してくださいました方、たいへんご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
今後の変更につきましては、状況に応じて随時ご連絡いたします。
自粛ムード一色で精神的にもお疲れが出ることと存じます。
どなた様におかれましても、どうかご自愛くださいますようお願いいたします。
投稿日2020.02.13
NHKドラマ10「この声をきみに」舞台「この声をきみに」  

舞台「この声をきみに」〜もう一つの物語〜

の、稽古が始まりました。

朗読シーンのご提案や、表現方法のアドバイスをさせていただいております。

2017年のドラマのクランクイン前には当教室に役者さんがレッスンにお見えくださいました。

そのときにも感じたこと、それは、役者さんはたいへん真摯だということ。

そして、絶えず探究心をお持ちだということ。

 

芝居の稽古場では、朗読シーンに対する質問の応酬が長く長く続きました。

https://twitter.com/konokoe_st/status/1226870782887772161?s=20

 

あるとき、教室の生徒さんとの雑談の中で

「素人とプロのいちばんの違いってなんでしょうねぇ?」

という、質問をされました。

 

私は、ふと考え

「誰かにちゃんと届けるのだという責任感が、はっきりしている、していない、の違いではないかと思います」

 

と、お答えしました。

 

役者さんたちは、初見の本読みでも、臆したりためらったりして他の方の足を引っ張ることのないよう、必ず事前準備をされています。

たとえ、多少の言い間違いがあったとしても、私たちがよくやってしまう、許しを乞うかのような照れ臭そうな表情なんて、決してしません。

 

大人になってから習い事をすると、

 

「私はプロではないんだから」

「プロを目指したいわけではない」

「才能がある人がプロになっている」

 

という言い訳で、自分を慰めながらお稽古しがちですが、でもそんな言い訳は、誰の為にもなっていません。

そう、それは、慰めているようで、実は自分自身のためにもならないのです。

 

才能があるか、ないかとは

「陰で努力する才能」

を持っているかいないか、の差でしょう。

 

でも、本来、努力自体は、誰にでもできるはずですよね。

するか、しないか、

だけです。

 

あ。

これ、↑

ぜーんぶ、私自身への戒めですよ。

 

昨夏から習い事をはじめました。

ところが、忙しさにかまけて、ちっとも自主トレできていません。

 

↑わたくし。五十の手習。

唄い方が楽しそうでいいわよ、、とは褒めてもらえるんですが…

たまに弾くくらいでは、ひどい音で鼓膜がどうかなりそうです。

 

 

 

役者の方々の真剣さを見て、また、反省しました。

 

朗読のご提案は、至って真面目に行っております!

皆さん、ぜひぜひお芝居観てくださいね。

 

◎大阪公演

3月6日(金)〜8日(日)

サンケイホールブリーゼ

 

東京公演

3月12日(木)〜22日(日)

◎俳優座劇場

 

 

 

投稿日2020.01.24
お知らせスケジュール  

朗読グループレッスンのスケジュールはこちらを参考になさってください。

予約状況表ではありません。

空きは、メールでお尋ねください。

 

画像クリックで拡大してください。

投稿日2020.01.24
イベント・読み聞かせイベント報告  

年に数回、教室でミニミニ発表会をしています。

テーマは私が決め、ご自身で本を選んで読んでいただきます。

練習なしでも結構です。

 

本日1月24日は、今年最初の交流発表会でした。

今日のテーマは、ふだんと少し趣を変え

「インタビュー記事・講演会・スピーチ・対談」

等の文字起こしを読んで、そのあらすじや読後感などを自由に語っていただきました。

さまざまなアプローチで、読書を愉しんでいただくことが目的です。

 

 

芸能人同士の対談、難病入院患者の親御さんのインタビュー、雑誌のインタビュー記事、作家同士の対談など、多岐に及びました。


 

文字で読むより、声で聴くと、より「人間」が感じ取れます。

 

 

 



対談は、上下を切ってうまく演じてくださいました。

 

 

私は、謹んで玉音放送の文字起こしを朗読いたしました。

私にとってもひとつのことをちゃんと調べてみるいい機会です。


さて〜!

発表後は〜!ティータイム♪

私の大好物「ガレット・デ・ロワ」

いつものように、生徒の青木さんが作ってくださいました。

私がこのお菓子を好きなのが通じたらしいです!

 

これね…

 

中から陶器製の「フェーヴ」が出てきた人が…

王になれるんです!

じゃ〜ん!

本日の王妃!

 

今日もとっても楽しゅうございましたし、ためになりましたし、何よりおいしゅうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 35

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
  • ことつぎについて
  • 最初に読んでいただきたいこと

  • 朗読レッスン
  • よくあるご質問
  • アクセス・教室情報
  • 朗読コラム
ページの先頭へ

03-6677-7944

080-5515-0565

メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube

朗読稽古屋ことつぎ ~ウエムラアキコの朗読教室~

〒146-0085 東京都大田区久が原

TEL & FAX:03-6677-7944
携帯:080-5515-0565
メール問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • youtube
Copyright © KOTOTSUGI All rights reserved.
ページの先頭へ